FC2ブログ
Masao Akiyoshi Architects の ブログ
面白かったことをお伝えしています(建築とはあまり関係なくなってきました)
プロフィール

Masao Akiyoshi

Author:Masao Akiyoshi
株式会社 秋吉正雄建築設計事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
50822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
9896位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弐段審査会
男前サワー

前夜、景気付けに 「男前サワー」 なるものを山ちゃんで一杯。
(よく見ると、ミフネ?らしき侍が、日本刀を袈裟に振り下ろし …
これは、強そうでいいや!と思い、飲んだんですが … )

------------------------------------------------------------

観測史上初、都心の最低気温が 30.4℃ となった 11日、
弐段の審査を受けてきました。

審査会も1級からあわせて3回目なので、段取りにもだいぶ慣れました。

今回の立会いは、人数調整のため、高校生を入れて3名。
もうひと方は、1級の審査からずっと一緒の高齢の方です。
今回自分は3人組の2番なので、2回続けての立会いとなります。

ほとんど練習もできないし、切り返しが今回からなく、
いきなりトップスピードで入って行かなくてはならないので、
ちょっと大変です。

1人目の高校生。初太刀の相面はちょっと外れたと思う。
以降、面と小手を繰り出し、小手は2本くらい入ったかなぁ?
でも J 先生が指導してくれるところの、
体の正面で捕らえきれてないんだよねえ。
気持ち遅れて、体の左斜め上で捕らえている感じ。
面のクリーンヒットがないのも、ちょっとねえ。

続けて2人目もこなして、終了。


何か、釈然としないというか … 。周りは、何本か入ってました、
と言ってくれるんだが、圧倒した感じがなくて …。
残念ではあるが、弐段にもなると、それなりに
相手のレベルも上がってくるので、そうそううまくはいかないか。
ただ、仕留められた感じはまったくありませんでした。

弐段審査会の様子1

実技審査は、無事合格(37 番!)。38 名中 22 名合格。
16名も不合格が出て、今回は弐段の審査がかなりシビアだったようです。

------------------------------------------------------------

続いて、形の審査。昼休みにお相手と練習できて、
その時点ではまあ問題なかったんですが、

本番になって、3本目。打太刀の自分が水月(みぞおち)を突いて、
仕太刀が表鎬(しのぎ)でいなす?なやす?ところ、
お相手が力みすぎて思いっきりすかしてくれました。
自分、思わずムッ として、顔に出てしまいました。

僕も修行が足りませんなぁ …

お相手が左手を上げて、やり直しを宣告。
二度目はなんとかうまくいきました。

いずれにせよ、所属する会の形のレベルはすごく高くて、
他の道場の方とやると、正直ものすごく欠点が目につきます。
これは、U 先生はじめ諸先生方の徹底的なご指導のおかげで
感謝するばかりです。

形の審査では、1名の不合格者が出ていました。

------------------------------------------------------------

同日、初段を受審されたMさん、参段を受審されたKさん、
共に見事な立ち会いで合格されました。
(スナップ写真を撮ったら、結構面白いので、掲載させていただきます。)

弐段審査会の様子1
(Mさん、相手の面をかわして、中心を捕らえています!)

弐段審査会の様子2
(Kさん、相手より始動が断然早い。先に面に到達します、これは!)

前日の四段Tさんと合わせて、夏の審査4名すべて一発合格みたいです。
素晴らしい!


昇段のお祝いに面つくろうかなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://masaoakiyoshi.blog28.fc2.com/tb.php/82-306ce98d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。