FC2ブログ
Masao Akiyoshi Architects の ブログ
面白かったことをお伝えしています(建築とはあまり関係なくなってきました)
プロフィール

Masao Akiyoshi

Author:Masao Akiyoshi
株式会社 秋吉正雄建築設計事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
15267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
3445位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.02 階段ができた
かねてから狙いを付けていた集成材を自分で購入&搬入し、
大工さんに階段の造作を進めてもらいました。

デザイン上の訳あって、思い付いたある種のリカバリー案が、
階段の下地に隠れています。

階段造作の様子1

階段造作の様子2

設計者にとっては「不幸中の幸い」。(図面で意図が伝わりきらなかったが、
面白いことを思い付けたので)
大工さんにとっては、「幸い中の不幸」。(内壁と天井の結構なやり直しを
免れたが、大変な造作が待っていたので)

階段下の空間の確保は、もうほとんどこれ以上は無理なんじゃないか。
つまり、階段が薄くなる限界。

大工さんが、半分面白がってやってくれるので何とかなっているけれど、
「こんなのやってらんねえぜ!」 と逃げられても不思議ではありません。

階段造作の様子3

階段をのぼりながら、青い空(のみ)へ向かってスコーンと抜けるスペースは、
期せずしてお気に入りのものになりました。

------------------------------------------------------------

「そろそろ家はできたのか? 見せてくれ」 といった問い合わせが
友人・知人からちらほら来るようになりました。
しかし、プライベートもあるので、よくある誰も彼も(見知らぬ人までも)の
オープンハウスを今のところやるつもりはありません。

ただ、興味のある方へのご案内は喜んでしますので、
メールでお問い合わせ下さい。

平日の午前中や、土・日・祝日が比較的ご案内しやすいです。

------------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://masaoakiyoshi.blog28.fc2.com/tb.php/42-f3fd39f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。