FC2ブログ
Masao Akiyoshi Architects の ブログ
面白かったことをお伝えしています(建築とはあまり関係なくなってきました)
プロフィール

Masao Akiyoshi

Author:Masao Akiyoshi
株式会社 秋吉正雄建築設計事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
15267位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
3445位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.16 生還
足場にのぼっていた際、ポケットに浅く入れていたコンベックスを落とす。

にぶい音 (2回?) しかしなかったので、敷地内のどこかに
あるだろうと探すも … ない。
どうやらJRの線路まで落ちたようだ。目を凝らすも見えず。

大工さんは、オオゴト (お金がかかる?) になるから、
ほっといた方がいいのでは、との意見。
ただ、大学で建築の勉強を始めた頃から使っているものだから、
それなりに愛着があるんです … そうは行きません。

やはり思い直して、JRへ電話。保線に入るときに探してくれるよう依頼するも、
次回線路に入るのは27日とのこと。あ~、雨が降ったら、
中の機構が錆びて、使い物にならなくなるだろうなあ、と半分諦めた。

ところが、その日の午後、保線に入ってくれた人から電話があり、

「見付けたけれど、どうすればいい?」
「取りに行きますから、センターに持って帰っておいて下さい。」
「現場に届けましょうか? 車ですから。ああ、ハシゴが近くにありますから、
のぼってどこかに置いときますよ。」

なんと、親切な。過日の草刈りといい、この出来事といい、
JR様々です、感謝 。

翌日、朝日 に照らされた コンベックスを見て、感動しました。

コンベックス生還!

15m近く落下したにもかかわらず、ほぼ無傷で生還。
これもまた、重ねて感動でした。

以上。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://masaoakiyoshi.blog28.fc2.com/tb.php/40-fc6f0c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。