FC2ブログ
Masao Akiyoshi Architects の ブログ
面白かったことをお伝えしています(建築とはあまり関係なくなってきました)
プロフィール

Masao Akiyoshi

Author:Masao Akiyoshi
株式会社 秋吉正雄建築設計事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
50223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
9706位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

風の丘葬斎場 + スターフライヤー + メーテル
「最近、ブログ更新してないねー」 という声がチラホラ。
すみません、またサボってました。

先日大分空港で目撃したスターフライヤーに乗ってみたいなあ、と思い
九州出張からの帰路を、北九州空港からに。

空港への途中、折角だから名作 「風の丘葬斎場」 を見学しようと、
U 若社長の車で大分県中津市へ。
もう、この作品に対しては、多くの方が絶賛の嵐を送っているでしょうから、
評論は割愛させていただくけれど、
まあ、久々に 「参りました」 「これが、建築だよね」 といった具合です。

アプローチ右手に待っている傾いた斎場は、地中にうずもれていく墓標のようであり、
死ぬ間際の人間が、「もう、草臥れたよ」 とささやいているようでもあり …
建築自体が、死生観まで表現し始めたら、これはもう手に負えません。

ここまでの領域に到達するのは、至難の業でしょうが、
モノの端々に現れるグレード感は、是非吸収させていただきたいところです。

風の丘葬斎場

いいものを見た後で、JR朽網の駅からバスで空港へ向かう。
空を飛ぶスターフライヤーの黒い機体を見て、納得。
確か、丹下事務所に勤めていたこともある 松井龍哉さん。
目新しさとか、カッコよさを求めて、黒くしたのかと思っていたが、
北九州工業地帯の薄汚れたグレーの空には、黒い機体がよくマッチしている。
全然 「あり」 です。
空にもコンテクストがあるとしたら、松井さんはそのコンテクストを
読んでいるんですね。

スターフライヤー

空港では、メーテルのロボットがお出迎え。
200近い質問に答えてくれるらしいのだが、ちょっとご機嫌斜めだったようで、
ぼくの質問には答えてくれず。

メーテル

諸々、楽しい出張になりました。

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://masaoakiyoshi.blog28.fc2.com/tb.php/24-8ccdf592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)