FC2ブログ
Masao Akiyoshi Architects の ブログ
面白かったことをお伝えしています(建築とはあまり関係なくなってきました)
プロフィール

Masao Akiyoshi

Author:Masao Akiyoshi
株式会社 秋吉正雄建築設計事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
50223位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
9706位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

放射線量測定 ②
強力な台風2号 に突っ込んでいくかたちでフライトするのも滑稽だし、
クライアントの承諾を得て、九州出張を1週間延期させていただく。

こちら関東は大雨のなか、日本酒 をやりながらブログの更新です。
(ちなみにぼくは、お酒に結構強いので、頭だけはシャンとしています。)

先日の私的放射線量測定の翌日になって、市川市が地表近くの線量をやっと公表

一市民でさえ、それなりに高額な線量計を購入して測定しているのに、
ちょっと反応が鈍すぎやしないか?

おおむね、先日の測定結果に近似した数値(0.2μSv/h 前後)が測定されており、
妻が購入した線量計も、特段高い数値が測定されるとか、
劣悪な品をつかまされたということもないと言えるだろう。

この 0.2μSv/h という放射線が、どれだけ人体に影響を及ぼすか、
考察してみる。

計算の根拠とする文献は、原発事故当初から、その発言に
信頼を置いている、武田先生の著書 『原発事故 残留汚染の危険性』

原発事故 残留汚染の危険性

現在が、放射線の半減期間において、それなりに安定した期間に入ったと仮定し、
0.2μSv/h が継続するものとする。

対外被爆 1
呼吸などによる体内被爆 1
水や食材などによる被爆 1
として、測定線量の3倍を 「残留放射能」 とするのが妥当なようだ。

0.20μSv/h × × 24 h × 365日 = 5,256μSv/h = 5.256 mSv/年

こどもの放射線に対する感度は、この3倍とする向きもあり、
5.256 × = 15.768 mSv/年

放射線基準とICPR勧告基準

いずれにせよ、国が変更した 20 mSv/年には、納まっているとはいえるが、
事故が起きて都合よく高めた数値内。そんなもの、こどもが自分の不利になって、
ゲームのルールを勝手に変えたようなもの。

ぼくは、ほとんど政治に関して、感情なんて何も持って来なかった人間だけれど、
いまの首相は、理系でもなんでもなく、その論理的な思考体系すら持ち併せて
いない人間なようです。

農産物だってさえ、首相が食べてみたところで、晩発性のガンができたって、
80か90歳での出来事。

いるのかどうかしらないけれど、自分のこどもか孫 に食べさせてみたらいい。
タレント出の綺麗な大臣だって、自分のこどもにテレビの前で、
福島のほうれん草を食べさせてみたらいい。
それで初めて、実害ではなく、風評被害だと認められる。

ああ、大好きだった北茨城の鮟鱇ももう食べられません。
首都圏での海釣り もあきらめます。

ちまたのタクシードライバーとの話題に同調するけれど、この国はやっぱり
政治が悪い。足を引っ張り合って、政治家を引きずり下ろすような環境ではなく、
明晰な頭脳と、強靭な体力を併せ持った人間を、
国のリーダーとして育てていく必要がある。

フランスのENAではないが、優秀な人間は、国の政治エリートとして
鍛え上げる。そういった教育機関が、近い将来立ち上がらなければ、
国の未来も進展しないだろう。

① 上記の条件を兼ね備えた、従兄弟の厚生医系技官 K 兄が、
国政の舞台に登場するのを密かに期待している。

② 幸い、うちには、むだなエネルギーを有り余らせている
3兄弟がいるので、そのうちのひとりが、政治を志してくれるのを
密かに期待している。

ちょっと暴走しました 。奥さんに指摘されたら、適宜削除します。

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://masaoakiyoshi.blog28.fc2.com/tb.php/23-b104b4a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)