FC2ブログ
Masao Akiyoshi Architects の ブログ
面白かったことをお伝えしています(建築とはあまり関係なくなってきました)
プロフィール

Masao Akiyoshi

Author:Masao Akiyoshi
株式会社 秋吉正雄建築設計事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
50822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
9896位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.08.31 化け物サッシ全貌
台風12号 に備えて、メッシュシートなどを畳んでくれたようで、
化け物サッシの全体像が望めるようになりました。

おまけに、JRさんが、線路沿いの雑草も刈ってくれ、
足元もさっぱりしました。

化け物サッシ全貌

まだシール不十分な箇所があるので、どれだけの台風が来るのか少し心配。



スポンサーサイト
2011.08.24 ガラス1
この建物で、もっとも大きなガラス (強化ガラス10mm) が納まりました。
現役時代の小錦ひとり分の重量とか (280kg前後?) 。

ガラス納めの様子1

ガラス納めの様子2

これで、北面からの雨の侵入もほとんど抑えられ、
工事はひとつ山 を越えたような …


2011.08.17 シナ合板張り
化け物サッシのガラスがまだ納まってないんだけれど、
西の外壁が閉じた、ということで内部のシナ合板を張り始めてます。
(おかげで、後日集中豪雨 を受けて、養生に苦労させられる。)

シナ合板張りの様子

かたやぼくは、鉄骨をみがいてます。
そもそも、鉄骨の柱を素地(黒皮)のまま使ってみたかったが、養生に失敗。
水ぼうそうのような跡が結構深く残ってしまいました。

しばらく、耐水ペーパー(♯100, 180)で ジミ~チ(地道) にみがいていたところ、
大工さんが見かねて、ディスクサンダー(♯60)を貸してくれる。
機械のパワーで、この跡がほぼ消え、

鉄骨みがきの様子

太刀魚のごとく、光りはじめました 目標は、日本刀!


2011.08.11 ガルバリウム鋼板張り1
お盆休み前の2日間で、西面のガルバリウム鋼板を張りました。

長尺9mの判で、長手方向のジョイントは、1本で行きます。
写真は、鋼板を重ねて、同位置に釘の下穴を開けているところ。
となりがまだ空き地で良かった
この段階で、もう影がだいぶ短くなっている → 危険。

ガルバリウム鋼板張りの様子1

厚さ0.4mmとはいえ、9mもなるとかなりの重量なようで … 。
お隣の駐車場をお借りして、鋼板の頭を廻し、
足場の隙間から差し込んでいきます。

ガルバリウム鋼板張りの様子2

さすがに、上のほうになると、下から持ち上げるのは困難。
足場のてっぺんまで引っ張り上げて、上から差し込んでいきます。
何とアクロバティックな三人の姿勢!

ガルバリウム鋼板張りの様子3

この日から、大工さん二人がお盆休みに入ることもあって、
皆さんにウナギをふるまう。
それでも、強烈な西日に照らされて、というか、焼き付けられて、
板金屋さんたち、へばってましたね


2011.08.08 アスファルトルーフィング張り進行中!
北面の化け物サッシが納まったので、進められる面から
外壁を張っていく段取りになっています。

その下地というか、線路からの騒音対策として、
厚めのアスファルトルーフィングを張っていきます。

アスファルトルーフィング張りの様子

設計の友人は、「 秋吉さんなら、そのまま仕上げもありじゃない?」
と冗談言ってましたが、確かに建物がだいぶシャープな印象に様変わり。
いい感じになってきました。


アルバイトを募集しています!
Contact 」 のタグから、お問い合わせ下さい。
建築系大学院生 ~ 就職準備中 の方で、
比較的まとまった時間が取れる方を希望しています。


2011.08.03 化け物サッシ納まる!

化け物サッシ取り付けの様子2

化け物サッシ取り付けの様子3

7月25日の写真のような試行錯誤を経て、

8月2日から、化け物サッシの取り付けに再チャレンジ。
3日、途中豪雨 に降られたり、危険にも足場を一部はずす必要が出たり、
悪戦苦闘しながら、2階の開き戸を取り付ける。
ヒンジの取り付けのため、JRの線路に開き戸が越境しつつ …

化け物サッシ取り付けの様子4

化け物サッシ取り付け完了!

とにかく、事故が起きなくて何よりでした
これで、工事はかなり前進といったところ。
ガラスの納品が待ち遠しい。

職人のお三方、大工さん、お疲れ様でした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。