FC2ブログ
Masao Akiyoshi Architects の ブログ
面白かったことをお伝えしています(建築とはあまり関係なくなってきました)
プロフィール

Masao Akiyoshi

Author:Masao Akiyoshi
株式会社 秋吉正雄建築設計事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
50822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
9896位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.17 グズグズの進捗状況
ブログの更新が滞るのは、工事の進捗がうまく行っていないことも
原因のひとつ。芳しい状況報告ができないからだ。

その元凶は、Y○○○P のビル用サッシの製作図が、
待てど暮らせど上がって来ないからだ。
そもそも時間がかかることは分かっていたので、
工事契約に先行して難しい箇所のサッシは
メーカーを通して検討してもらっていた。
そのたたき台が仕上がっていたのが、1月18日。
そして、具体的に納品してもらう業者が決まって、
最初の製作図が上がってきたのが、5月18日。
しかもそれまでの検討事項が、何も反映されていない図面が上がってきた。
4ヶ月も何をしていたんだろう?

1週間以内に、修正依頼は戻したんだが、修正図は一向に帰ってこない。

前回の九州の物件では、寸分の狂いもない、見事なサッシを納めていただいて
信用していたのに、首都圏のこれくらいの小ロットの案件では、馬鹿にされて
取り合ってもらえないのだろうか?

いずれにせよ、いつまでこんな青みがかった空間で作業するんだろう。
早く建物閉じようよ。水族館じゃあるまいし

大学の先輩か誰か、お偉いさんになっているだろうから、動いてくれないかなあ。

設備ルート検討の様子


×××は、現しの天井に×○○×でプロットするは、
×××は、○○×仕込まずに、×××閉じるは、
基礎の平場と立ち上がりの打ち継ぎから、雨水が逆流してるは、
頭に来るので、現場から帰ってきた。
(×は、妻による恩赦)

温厚そうに見える (らしい) ぼくが爆発するのも、時間の問題ですね


スポンサーサイト
風の丘葬斎場 + スターフライヤー + メーテル
「最近、ブログ更新してないねー」 という声がチラホラ。
すみません、またサボってました。

先日大分空港で目撃したスターフライヤーに乗ってみたいなあ、と思い
九州出張からの帰路を、北九州空港からに。

空港への途中、折角だから名作 「風の丘葬斎場」 を見学しようと、
U 若社長の車で大分県中津市へ。
もう、この作品に対しては、多くの方が絶賛の嵐を送っているでしょうから、
評論は割愛させていただくけれど、
まあ、久々に 「参りました」 「これが、建築だよね」 といった具合です。

アプローチ右手に待っている傾いた斎場は、地中にうずもれていく墓標のようであり、
死ぬ間際の人間が、「もう、草臥れたよ」 とささやいているようでもあり …
建築自体が、死生観まで表現し始めたら、これはもう手に負えません。

ここまでの領域に到達するのは、至難の業でしょうが、
モノの端々に現れるグレード感は、是非吸収させていただきたいところです。

風の丘葬斎場

いいものを見た後で、JR朽網の駅からバスで空港へ向かう。
空を飛ぶスターフライヤーの黒い機体を見て、納得。
確か、丹下事務所に勤めていたこともある 松井龍哉さん。
目新しさとか、カッコよさを求めて、黒くしたのかと思っていたが、
北九州工業地帯の薄汚れたグレーの空には、黒い機体がよくマッチしている。
全然 「あり」 です。
空にもコンテクストがあるとしたら、松井さんはそのコンテクストを
読んでいるんですね。

スターフライヤー

空港では、メーテルのロボットがお出迎え。
200近い質問に答えてくれるらしいのだが、ちょっとご機嫌斜めだったようで、
ぼくの質問には答えてくれず。

メーテル

諸々、楽しい出張になりました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。