FC2ブログ
Masao Akiyoshi Architects の ブログ
面白かったことをお伝えしています(建築とはあまり関係なくなってきました)
プロフィール

Masao Akiyoshi

Author:Masao Akiyoshi
株式会社 秋吉正雄建築設計事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
50822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
9896位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.30 先行足場 → 土台敷き
建て方に先行して足場が組まれ、土台敷きの開始。
青空への抜けが気持ちいい。

土台敷きの様子1

今日から大工のEさん&Sさん登場。
15年以上のタッグとのことで、頼もしい限りです

設計者のいじわるで、プレカットに100%頼らず、
ニッポン の大工に腕の見せどころを残しています。

土台敷きの様子2


スポンサーサイト
2011.03.23 工事再開 → 立ち上がりコンクリート完成
幸い、(周辺も含めた)地盤・基礎底盤に一切の変化なし。
地盤のいい土地を購入したのは、ラッキーだった。

ガソリンも出まわりだし、職人の足も回復。先週23日より工事を再開する。

アンカーボルトの設置、チェックを経て、25日に立ち上がりコンクリート打設。
養生期間を取って、型枠脱型。美しいコンクリートが打ち上がった。

立ち上がりコンクリート1

この現場での作業中、震度5弱の地震を受け、恐ろしい思いをした職人さん。
そして、千葉市原のガソリンタンク火災で避難までされながら、
基礎を仕上げてくれた親方へ、特に感謝です。

立ち上がりコンクリート2


今後も、建築資材の調達に大混乱が予想されるが、前進させるしかない。

今日は、叔父の葬儀で大阪滞在。父親同然にかわいがってもらい、
銀座で飲ませてもらったこと(叔母曰くかなりの金額だったらしい … )や
大阪ミナミでふぐをご馳走になったことが懐かしい。

メッキのスペシャリストだったようで、広い意味での同業。
もう少し早く、メッキのいろはを習っておくべきだったと後悔している。


2011.03.15 東北地方太平洋沖地震
3月11日 14時46分 地震発生。大きな揺れは2回だったと記憶している。

RC造 8F建て のマンション内 6F にある事務所がかなり揺れ、
天井まである本棚から、書籍・模型やサンプル等落下。
身の危険を感じた初めての地震。FAX複合機を損壊。
東京都文京区・千葉県市川市共、のちに震度5弱との発表。

10日にコンクリートを打設した際の最終ミキサー車出発時間が、
10時05分となっていることから、材齢28時間超で罹災したことになる。

翌12日、最悪基礎のやり直しを覚悟して、市川大野の現場へ。
ベースコンクリートにクラック等入っていないか、目視にてチェック。
アンカーボルトの設置途中で、作業を中止した様子がうかがえる。
目視できる範囲には、幸いクラック等なし。

地震後チェック

状況を構造家へ相談。
「それなりに強度も発現して」いる中で
「強度がまだ小さい時に小さな応力を受けた」
状態だそう。目立ったクラックが入っていないようであれば、大きな問題はないようだ。

いずれにせよ、ガソリン等燃料の不足に起因する材料の調達に問題が起きていて、
近々の工事再開は目処が立たない。

状況が落ち着いたら、クラックの発生を再確認し、
基礎全体の平面的なゆがみやレベル変化をチェックした上で、工事を再開したい。

ちなみに、自宅近隣の状況をみると、スーパー、ドラッグストアで入店制限を
おこなっており、行列ができていた。テレビで見たオイルショックのときの風景のよう。
ドラッグストアでは、客があたかも正当であるかのような事を
言いながら、在庫の箱をあけていた。パニックが起きている。

しばらく、混乱が続くことが予想され、原発災害の拡大も予断を許さない。
子供が外で遊べないような状況も尋常ではないし、健康を最優先して、
明日より子供たちは、九州へ一時避難する。


2011.03.10 配筋検査②○ → ベースコンクリート打設
排水関係にやっぱり問題が残っているものの、
大きな問題には至らないレベルなので、検査合格とする。

ミキサー車 計5台 16.25㎥ のコンクリートを
黄金色 に輝くポンプ車で打設。この縁起にあやかりたいものだ。

ベースコン打設の様子1

次回現場へ行くときには、職人の金ゴテでピカピカに光った
土間コンクリートが打ち上がっているだろう。


ベースコン打設の様子2

初ラウンド
昨日は、千葉県佐倉市の麻倉ゴルフ倶楽部へお連れいただきました。

麻倉ゴルフ倶楽部

クラブハウス、練習場、コース、キャディーさん、どれをとってもすばらしい限りで、
初ラウンドにこのような名門コースへご招待いただいて、U会長御父子に感謝です。

ラウンド中、U若社長が、Good shot ! とか Great ! とか、普通に言ってるので、
ああ、日本でも日頃使うのね、と思っていたら、
ぼくのブログを見て予習していたようです(笑)

気になる結果は、
IN 94
OUT 74
の168。
先日掲げた目標を達成したと思われます。
(思われる、というのも、空振りだの何だので、スコアがあやふやだから。
一応、キビシ目にカウントしたつもりです。)

後半になって、やっとボールが前進するようになり、
パー1、ボギー1のホールがありました。
初ラウンドにしては、上出来とのお褒めの言葉をいただき、
楽しい一日となりました。(スギ花粉の猛威を除いては … )

また、完璧とは行きませんが、リチャードさんへの通訳もでき、
喜んでいただけたようで、何よりでした。

最後に、ぼくのヘタッピゴルフが皆様に伝染 “ influence ? ” してしまい、
申し訳ありませんでした。この場を借りて、お詫び申し上げます。


2011.03.07 配筋検査①×
妻曰く 「 あなた、ブログ書きなさい 」
家での会話より、ブログを経由したほうが、コミュニケーションが
成立するらしいです

今日は、住宅瑕疵担保責任保険をお願いするJIOさんの配筋検査に合わせて、
現場へ。午前中から結構な量の雪が降り続いていたので、
明日のベースコンクリート打設は大丈夫かなあ?

配筋検査の様子1

配筋自体は問題なしだが、排水管が基礎を抜ける所のサヤ管の処理や、
建物内の排水ルート、浄化槽のレベル設定等々、打ち合わせしてきた内容が
現場でうまくかみ合っておらず、何ともチグハグ。
雪も底に残っていることだし、そんなに急ぐこともないでしょう、ということで、
情報の整理を依頼し、コンクリートの打設は延期にしてもらう。

配筋検査の様子2


2011.03.02 配筋
ちょうど、1週間ぶりに現場へ。

月曜、火曜と雨のため現場作業中止となっていましたが、
工程の遅れもなく、配筋が進んでいました。

配筋の様子1

冷たい風がぴゅ―ぴゅ―と吹き抜けるなか、
職人さん、お疲れ様です。


配筋の様子2

ゴルフ英会話
プレカット図の承認を出して、ほっとひと息。

実は、九州B市で建設会社を経営されるU会長とU若社長より、
ゴルフ へのご招待を受けている。

なんでも、カナダからリチャードさんという
建材メーカーの社長さんが来日されるというので、
その通訳係を仰せつかったという次第。

ゴルフはしばらくレッスンに通ったり、
練習場に行ったりしたレベルなので、
ルールブックでも借りて勉強しておかないとなあ、と区立図書館へ。

そうしたら、本棚のとなりに、このような本が↓

「ゴルフ英会話」をマスターしよう

へー、いろいろな本があるもんだ。

ぱらぱらとめくってみる …

---------------------------------------------------------------------
(お決まりの) 「ナイスショット」の英語は “Nice shot”か

“Nice shot !”という言葉は立派なゴルフ用語で、褒め言葉として使われますが、
プロのトーナメントでの賞賛の掛け声としてはあまり一般的ではありません。
理由は単純にそれが陳腐な表現だからでしょう。(←結構きつい言い方をしますね)
プロ、アマを問わず、見事なショットに対する声援は次の2つが最も一般的です。

 Good shot !
 Great shot !
びっくりして他の単語が出ない場合は、
 WOW ! (
---------------------------------------------------------------------

なのだそうです。ふーん、なるほどね。

ちなみに、ぼくの目標スコアは、自分の身長以下、ということに
しておきましょう。建築的にヒントを言えば、

1. モデュロール
2. 6'
3. 一間

といったところでしょうか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。